タトゥーとの違いを知る

婦人

施術方法の違い

アートメイクとタトゥーの違いを説明していきます。タトゥーとは基本的に皮膚の奥深い場所まで色を入れます。そのため、永久的に消えることがないです。しかしアートメイクは表皮と呼ばれる浅い位置に色を入れます。アートメイクは数カ月から数年で入れた色素は薄くなっていきます。

印象的な目元になりたい

アートメイクの施術ができるパーツは、主に眉やアイラインとなっております。特に女性の支持を集めているのは、アイラインや眉毛です。メイクを落とした時に、この2つが素になると印象がぼやけてしまうので落ちない方が楽だと思う方は多くいるでしょう。

安全な色素を使用

色素を皮膚に入れていくことは、誰だって不安に思うことです。しかしアートメイクなら、クリニックをきちんと選ぶだけで安全な色素を使用するので安心して施術を受けることが出来ます。安全な色素というのは体に害がないということです。

当日でまとめて行える

アートメイクとタトゥーの違いを理解頂いたところで、次はアートメイクの施術の流れを紹介していきます。カウンセリングから施術までまとめて行えるので、時間があまりない人にも便利です。

施術までの流れ

カウンセリングをする

必要事項の説明をスタッフから受けて、カウンセリングを始めます。そこでは自分の求めるアートメイクを伝えていきます。希望を伝えてから、施術する医師と方向性を明確に決めていく流れになります。ここでは医師に相談したいことや疑問点はきちんと確認しましょう。

デザインを決定する

カウンセリングが終了したら、仮の眉毛のデザインを希望に沿って実際に描いていきます。この時にまとめて眉毛の色も決める作業が含まれています。眉毛の色は髪色も左右しますので、そこを考慮したうえで色を決めていきましょう。

施術開始

デザインを決めたらいよいよ施術です。麻酔も行なうのでその時間が約10分から20分となります。麻酔がきいてから始めるのでそれによって時間は左右されますが、施術時間は約1時間程度と頭に入れておくと良いでしょう。

最終チェック

施術が終了したら、次は最終確認をしていきます。鏡でアートメイクを確認します。問題がなければ施術した箇所をクールダウンさせて終了となります。施術直後は色が濃く見えますが、時間と共に自然な色へ変化していきます。

2回めで最終調整

アートメイクの1度めは基本的に薄く色素を入れて仕上げていくものです。そのため回数を重ねることが大切です。2回めの施術では再度同じ色素を入れて最終調整を行っていきます。ここでまた新たに自然な眉毛へ近づいていくでしょう。

広告募集中